LINEで送る

こんにちは

東京都東村山市久米川駅徒歩五分、八坂駅徒歩一分の地下でこそこそ営業中の美容院。

こだわり派の口コミで人気の美容室URBANCRAFT(アーバンクラフト)保です。

。。。。。。。。。

本日はURBANCRAFTの頭皮と髪の洗浄からホームケアの流れのご紹介になります。

①「イーズバイカーブオースキン」で頭皮の洗浄をしていきます。弱アルカリの主成分に界面活性剤を含みません。頭皮の過酸化脂質と髪についた余分な成分を除去します。またその後のカラー、パーマ、処理剤の浸透に対しての土台つくりをします。

②カラー、パーマをしていきます。この時に使用する処理剤に脂質はエルカラクトン(ナノリペアEL原液)、低分子~中分子タンパク質混合液、高分子ケラキュートガンマ、システィン粉末、スルホン化ケラチン、ヒドロキシエチルウレア、アルギニン等で処理をします。

③「イーズphコントロール」でphを整えます。

④アウトバスとして「エルカラクトン」→「例のコメとエンドウ」→ドライ

⑤「LUKE」でスタイリング。

ご自宅のケアは、、、、、

「イーズバイカーブオールスキン」で頭皮、顔などの洗浄をし、「イーズバイカーブphコントロール」で髪と頭皮のphを整えます。お風呂上りにアウトバス①→②をつけドライ。頭皮と顔に「LUKE」をつけ、顔、頭皮の保湿と髪の毛の内部と外部を整えます。

次の日は朝起きて「LUKE」をつけて髪の収まりを良くします。

という流れになります。このうちのアウトバスが最後の商品化になります。

では、、、、使用原料の特徴のおさらいになります。

・エルカラクトン・・・・・内部に対するスーパー万能原料。「これがあればとりあえず良い」という気持ちになります。

毛髪アンチエイジング素材です。
ドライヤー、ヘアアイロンなどのにより、毛髪と反応結合して補修する植物由来(菜種)のヘアケア成分です。毛髪のキューティクルのめくれ上がりを改善し、「うねり」、「絡まり」、「まとまらない」、「ハリコシがない」などの加齢により増加する毛髪の様々な悩みを改善します
毛髪と結合していることで、使用直後だけではなく、シャンプー等で洗い流した後でもこれらの毛髪改善効果が持続します。

いわゆるCMCとして使用します。ナノ化リポソーム仕様なのでカプセルに入ったラクトン誘導体が熱の作用で内部に働きかけ、定着させます。櫛通りも良くなり、つるサラ感MAXの非常に効果的かつ使用範囲の広い原料になります。「とりあえずエルカラつけておけばいい感じ」という簡単さも魅力。出来るだけ濃く使用したほうが良いので、濃度の高いエルカラクトン商材または原料をチョイスすると良いかと思われます。

・低分子~中分子タンパク質・・・・・アシル化されたタンパク質ペプチド(アシル化とはアルキル基を結合させ乳化、可溶化を付加させ、混合をしやすく、多用途に使用できるようにした感じです。)シリル化されたタンパク質ペプチド(シリル化とはシリル基を結合させ熱で吸着できるようにした感じです。)

シルク、コラーゲンなどはしっとりして保湿も出来て使いやすいです。ケラチンはハリコシを出しますので内部補強として使用します。目的に合わせ色々と研究してみると良いかと思われます。また、ケラチンはシスチンを補う役割がありますが、、、このシスチンを補うというのがなかなか難しいのです。なので出てきたのが「タマシス」かと思われます。完成品なので非常に便利です。詳しくは「タマコン」で検索。また各種PPTの完成品は「WECO BASE」で購入するのがいいかと思われます。原料から研究するのであれば「MAGO」先生が最安且つ教育もしてくださるので、チャレンジしてみるのも良いかと思われます。「GMT」「タンニン」「各種PPT」は「MAGO」先生に直接メッセージです。これで「扉」が開かれます。システィン粉末、スルホなどの使いこなしが厄介なので先生に「アシッドシス」「GMT」「モノエタノールアミン」を注文すれば架橋とアルカリ、酸の還元方法の「扉」が開かれ勉強出来ます。

・スルホン化ケラチン、ヒドロキシエチルウレア、アルギニン、フェノキシエタノールは「インサイト」。

・BG、ラノリンは「イマジン」「ヤマケイ」。

・「LUKE」は「I.K酒井」。

この辺を勉強することで一気にメニュー強化が出来るかと思われます。

「タマシス」「GMT」の使いこなしはかなり「最先端」になるかと思われますので、マストかと感じます。

・「例のコメとエンドウ」はアウトバスとしてアウター処理に最適です。毛髪表面の組織に類似した原料なので、エルカラ→コメ、エンドウ→ドライが非常に優秀です。

・アルカリで安定する原料は「イーズバイカーブオールスキン」酸性で安定する原料は「イーズバイカーブphコントロール」で長期安定します。

またこんなのあります。イソステアロイル加水分解ケラチンイソノナン酸イソノニル

優秀な脂肪酸のイソステアリン酸にアシル化ケラチン(羊毛)を科学的にひっつけた新規原料です。業界初の油容性ケラチン、、、、です。ここに脂肪酸が引っ付いてるわけです。使わなくても良さはわかります。

おそらく使用感は「例のコメ、エンドウ」のハリコシ強化みたいな位置づけですね。アシル化しているので水にも油にも溶解可能なケラチンかと思われます。オイル等でも使用でき、アウターに最適かと思われます。ただケラチンなので硬さが気になるところ、、、質感重視なら「コメ、エンドウ」ケア重視なら「ケラチン」みたいな感じかと思われます。

脂肪酸×タンパク質、、、、これはかなり禁断の原料です。「これだけ」で良くなっちゃうんで、、、。逆に言うとこれあると外の原料が要らなくなるので禁断の原料なんですね。またたたかれるかもしれないですが、、まあ「使えばわかる」原料になりますので、一度使ってみれば良さは伝わると思います。

URBANCRAFTの「トリートメント」は3000円(8月末までキャンペーンで2500円)でやってます。

内容はシスティン補給、タンパク質補給、薬剤メニューならGMTやタンニンやモノエタなどでアルカリ、酸と還元をいい感じにして、CMC補給、ラクトンVE+クリームトリートメント、仕上げに「コメエンドウ」「CMC」ドライ、スタイリングに「LUKE」です。

非常に良心的な価格設定です。「APに対する罪悪感」みたいなものは一切ありません。自信をもってお勧めさせていただいてます。むしろ価格が安すぎると感じています。

皆様の研究にお役立てください。それではまた明日。

URBANCRAFT美容室専用販売サイトはこちら。パスワードはコメントでなく「フェイスブックのメッセンジャー」で問い合わせてください。

LINEで送る