LINEで送る

こんにちは

東京都東村山市久米川駅徒歩5分、八坂駅徒歩1分の地下でこそこそ営業中の美容院。

こだわり派の口コミで人気の美容室URBANCRAFT(アーバンクラフト)保です。

。。。

さて、、、、本日はタンパク質の話です。

髪の毛の80%はタンパク質で出来ているっていうのは皆さんご存知かと思います。でサロンの技術でタンパク質の結合を切ったりして、、、また再結合をするのですが、その際に完璧に元の状態に戻らず、、、そして元のタンパク質の総量が減ってしまうのですね。。。主にシスチン結合にアルカリが反応してS-Sをとってしまうわけなんですが、、、、残ったシスティンは何かと繋がりたくて他に繋がる成分を探し引っ付いちゃうわけなんですね。その辺で出てくるのがランチオニン、システィン酸、カルボニル化という変形したタンパク質になるんです。

加水分解とは、、、高分子のタンパク質の繋がりをアルカリで切って小さく分解する技術です。

S-Sの繋がりをなくし、タンパク質の構造を小さくしたのが低分子のたんぱく質になります。低分子にすると髪の内部に入りやすくなるのですが、、、内部に入りやすい=抜けやすいということなんですね。

なので、、、髪の外部またはダメージホールが大きければ内部に入るアルキル系のタンパク質。または、、、磁石のようにひっつくカチオン系。熱と乾燥でひっつくヒート系というのがあるんです。

タンパク質はアミノ酸の集合体です。その中の硬アミノ酸というタンパク質の強さを出してるアミノ酸があるのですが、、、それの一つがシスチンになります。で、、、加水分解とはシスチンを切り離しちゃうのですね。。。なので低分子のタンパク質はシスチンが極端に少ないタンパク質になります。

ここで問題が出てきます。。。。髪のハリコシ、、、パーマをかけたりする大事な部分であるシスチンの減少がようは、、、美容師が気になる、ハリコシのなさや、、、パーマがかからないみたいなことになるのですが、、、そのシスチンが極端に少ない低分子のタンパク質を補ったところで実際にはハリコシ感が出にくかったりするんですね。

また、、、シスチンは架橋効果があるんですね。色々と引っ付いてくれます。色々と引っ付きやすいからシスティン酸、ランチオニン、カルボニル化も安易に発生しやすいということなんですね。

なので、、、シスチン量が多いタンパク質を吸収させたいのですが、、、もっとも毛髪のアミノ酸レベルで類似するタンパク質っていうのは卵殻膜エキスというキューピーが出している原料になるのですが、、、、新規原料になりますので、、、、糞みたいに高いです。有効濃度1%配合させたとしてもとてもじゃないけど商品化なんて出来ませんね。卵殻膜エキス配合の商材も増えると思いますが、、、まず有効濃度配合はしていないと思ったほうが良いかと思います。しっかりと配合させているのであれば、、、配合量の記入がありますから、、、それ以外は宣伝用極々微量、効き目がない程度に配合されているので気をつけましょう。

ではどうすれば良いか?それはシスチンを多く含むタンパク質を補う必要があります。そのシスチンを多く含むタンパク質が高分子ケラチンになります。そのケラチンを髪の毛のタンパク質と結びやすくし、尚且つイオン的にも結びやすいようにしたケラチンがy-ケラトースになるんですね。なのでケラトースのハリコシ感はどのタンパク質より強力になるんですね。

しかし、、、ここで問題になるのが、、内部浸透になります。髪の外部のタンパク質の補強はy-ケラトースで可能なのですが、、、内部に関しては高分子なので入りずらいわけなんです。入りやすい低分子タンパク質はシスチン量が少ない。かといって卵殻膜エキスなんてとても使える位の価格ではない。

さあ、、、どうしましょう。。。というところなんですね。

そこで出てくるのがシスティンなんです。

S-Sのシスチンは結晶化していまして、、、とにかく溶けない。超難溶成分のアミノ酸になるんですね。なのでシスチンとして内部に届けるのは難しいわけです。

システィンは溶解性に優れてます。そして酸でS-Sのシスチンに戻るわけなんです。

ということは、、、、溶解したシスティンを髪の内部に届けて酸でシスチンにするのが良いのですね。

それって要は昔からあるシスティンパーマってことなんです。

このシスティンパーマを活用できるないかということでにわかに、、、ざわざわしてるんですね。

システィンパーマの問題は強アルカリ、低還元です。アルカリで傷む割にかからない。。。でもハリコシはでる。。。けど、、、ダメージもあってかからない。プラスマイナス0なんですね。

あとはシスチンはアミノ酸なので流出しやすい成分でもあるわけなんです。

ただ、、、架橋効果もあるので外の成分と引っ付きやすいというのもあるわけなんです。

ということは、、、、デメリットは強アルカリと、、、低還元、、、流出というのがあります。

これを解決しちゃえば言い分なんですね。

で、、、、アシッドシスなるものもあります。低アルカリ、低還元のシスティン入りの溶剤です。

で、、、、これだけではパーマはかからないわけなんですね。

なので、、、、

まずは強アルカリ、強還元の薬剤(チオなど)で超短時間で髪を還元させます。

その後。。。毛先を水洗し、、、、

その後低アルカリ、中還元で緩やかにパーマをかけていくというイメージです。

アシッドシスにGMTを混ぜれば、低アルカリ、中還元になります。根元は普通にチオでかけます。

こうすることで、、、、システィンを内部に入れつつパーマをしっかりかけることが可能になるわけなんですね。。。縮毛、ストレートもほぼ一緒です。これ、、、なれると非常に失敗が少なくなります。安心してダメージもに処理が出来るかと思います。

で、、、、ですね。シスチンは始めに言ったように外の成分と引っ付きやすいのですね。。。ランチオニン、システィン酸、カルボニル化。。。。なのでここに結ばれる前に有効成分と引っ付けリスクの除去をしておくといいのですね。。。。

ここで「タンニン」を使うわけなんですね。「タンニン」はタンパク質とひっつきますから。。。

内部の成分を強化し、尚且つ抜けなくさせるってことです。

もう一つ、、、高分子のスルホン化ケラチンも有効かと思います。スルホン化ケラチンも高分子なのですが、、、、、冒頭の加水分解的なことで低分子化することも可能かなと思ってます(詳しくはしらない。)仮に、、、初めに使う高アルカリ、高還元の薬剤にスルホン化ケラチンを混ぜ込み。一緒に内部に届けることも出来るのではないかと思います。出来なくても外部に引っ付くので外部強化は出来ます。

スルホン化ケラチンはS-SのSだけ取ったケラチンで、引っ付きたがります。

この特性を利用し、一液混合か、、、または酸化前かに使用すると良いと考えられます。(詳しくはわからないですが、、、)

または、、、、L-システィンなる粉末も輸入でゲット出来ますから、、、これをどこかのタイミングで入れ込むことも検討できます。

パーマも縮毛も一緒ですからね。。。。研究する価値はあるかと思います。ちなみに細かいことは知りません。研究なんでね。。。後は自分で研究してみるといいかと思います。あくまで参考にどうぞ。

ちなみに、、、、縮毛などの毛先の処理。。。剤なども使うと思いますが、、そんなに傷んでないのであれば、、、、大体これでなんとかなったりして、、、、久米川駅、八坂駅、美容室、美容院、口コミで人気、メンズ歓迎

ティッシュはさんだだけですけど、、、、これで毛先きれいになるんですよねー。アイロン壊れやすくなるので毛先の処理のみにしましょうね。。。昔にはじめてコレ覚えた時衝撃的でしたね。。あ。これだけでビビり気味の毛先きれいになるんだ。。。とかなんとか。。。

それではまた明日

 

LINEで送る