LINEで送る

こんにちは

東京都東村山市久米川駅徒歩5分、八坂駅徒歩1分の地下でこそこそ営業中の美容院。

こだわり派の口コミで人気の美容室URBANCRAFT(アーバンクラフト)保です。

。。。。。。。。。。。。。。

さて、、、、お店にこんなエッフェル塔が2本あるのですが、、、、こちら非常に多用途に使用できて便利なんですね。。。。

久米川駅、八坂駅、美容室、美容院、口コミで人気、メンズ歓迎

こちらですね、、、裏が四つ四角形の形状になってまして、、、なにに使うかと言いますと。。。。下記のアセルグルコサミンのタブレットを粉々に砕くのに便利なわけですね、、、。非常に便利なわけなんですね。

久米川駅、八坂駅、美容室、美容院、口コミで人気、メンズ歓迎

色々使えるわけなんですよ、、、、このエッフェル塔は、、、、

こんなのにも使えるんです。

保宗貴さんの投稿 2017年7月14日

このように様々な用途があるんですね。。。

で、、、そんな話はどうでも良いのですが、、、下記はL-システィンの粉末輸入品です。

久米川駅、八坂駅、美容室、美容院、口コミで人気、メンズ歓迎

システインの側鎖(Cys、C)に存在する基です。一般にシステインは、タンパク質の二次/三次構造の一部として、ジスルフィド結合 (–S–S–)を介して、側鎖間において互いに接合されています。標準的タイプの反応性基による架橋にこれらを使用するには、スルフヒドリルに還元させる必要がある。

要はタンパク質同士を引っ付ける役割と、システィンなんで、、、、カルボニル化、システィン酸、ランチオニンで減少した。シスチンまたはタンパク質を補うことが必要なわけで、、、でシスティンが便利なわけですね。。。

で、、、今日ふっと、、、溶液のph調べたんですね。。。システィン溶液はアルカリかと思ってたんですけど、、、測ってびっくり。。。鬼酸性なんですよ。がっつり酸です。どないこっちゃ??下記はウィキ。

求核性が非常に高いメルカプト基を持つため求核性触媒として働く。システインのメルカプト基のpKaは約 8 だが、その反応性は環境・条件によって調節される。システインを求核剤として含むタンパク質にユビキチンリガーゼがあり、これはユビキチンを結合するタンパク質に移動させる。カスパーゼアポトーシスの際のタンパク質分解に関与する。インテインはシステイン触媒の補助によって作用することがある。これらの働きは、通常システインが酸化されない細胞内環境に限定される。

システインはタンパク質を分子間で架橋させることができる。これにより、細胞外の厳しい環境での分子の安定性が向上し、タンパク質分解に対する抵抗性が与えられる(タンパク質の排泄にはコストがかかるので、その必要性は最小限に抑える方が有利である)。細胞内において、ポリペプチド中のシステイン間のジスルフィド結合はタンパク質の三次構造を維持する。インスリンはシステイン架橋されたペプチドの代表例であり、2つの独立したペプチド鎖が1組のジスルフィド結合によってつながれている。毛髪においては、システインによるジスルフィド結合の配列が巻き毛の度合いを決める。

ジスルフィド結合の生成はタンパク質ジスルフィド異性化酵素によって触媒される。細胞内でデヒドロアスコルビン酸小胞体へと輸送され、酸化的な環境を作り出す。ここでシステインはシスチンに酸化され、求核剤としての作用を失う。

システインの誘導体である N-アセチル-L-システイン (NAC)(N-acetylcysteine)は一般的なサプリメントであり、抗酸化剤グルタチオンへと代謝される。システインの名はシスチンから付けられたが、これはギリシャ語で膀胱を意味する kustis に由来する。シスチンは腎臓結石から最初に単離された。

 

で、、、、すぐに千葉の寺ヤンに聞いたのですが、、、

要はシスティンは商品化する際に、、、酸化すると結晶化しちゃうのでアルカリで安定させてるってだけの話みたいですね。。そもそもは酸性。。。思いっきり酸性でしたから。。。

。。。。

システィンはケラチンのジスルフィドはとっちゃうけど、、、タンパク質に架橋にはなる。。。なんだかよくわからないこと言ってますが、、、、要はアルカリ溶剤の時と酸性溶剤の中で変化するって話です。アルカリ、還元、酸化ですね。。。

これをどのように使うか?お師匠に頂いたアシッドシスにドーピングするんですね。ちょい足しです。

久米川駅、八坂駅、美容室、美容院、口コミで人気、メンズ歓迎

で、、、熱系なら、、、、。

・リポソーム仕様のエルカラクトン(ナノリペアEL)で脂質を入れます。リポソームとは要はめっちゃ浸透するって仕様です。

・低分子、中分子タンパク質のアレコレ混合液で内部補強をします。アレコレが知りたい方は過去記事に載ってます。

・で、、、システィン入りアシッドシスをつけます。内部のタンパク質をシスティンを引っ付け強化していくイメージです。

・で、、、、一液塗布。(普通ので良いですね。なんでも良いかなと。)

・デジタルで50℃熱加えます。

・クーリングして、、、、。しっかり中間水洗して、、、、でタンニンつけて酸化処理、、、更にタンパク質架橋をし、内部成分を絡ませていきます。

みたいな感じでやるとかなり良いですね。。。。

面倒で一気にいきたいなら、、、、モノエタにシスティンドーピングで一気にいくとかも良いかと思います。久米川駅、八坂駅、美容室、美容院、口コミで人気、メンズ歓迎

ストレート系なら、、、この工程の一液を強設定(チオやモノエタ追加で)にして、、、短時間で一気に還元させます。ダメージ部、きせん部は一分還元で毛先のみ中間水洗。その後。。。酸性用事調整剤に、、

久米川駅、八坂駅、美容室、美容院、口コミで人気、メンズ歓迎

久米川駅、八坂駅、美容室、美容院、口コミで人気、メンズ歓迎

GMT混ぜて、、、低アルカリ、、、中還元でじわじわきかせていきます。。。その後は同じ感じです。

で、、、、アセルグルコサミンはタンパク質凝縮を防ぐために一液に混ぜ込むと良いですね。久米川駅、八坂駅、美容室、美容院、口コミで人気、メンズ歓迎

キトサン、ヒアルロン酸、その他CMCでも同じようなものかもしれないですが、、、より細かくアミノ酸レベルでやるのであれば、、、効果的かと思います。

で、、、、アセルグルコサミン他にも使えそうなんですね。。。凝縮。。。要はタンパク質が引っ付きすぎて、、、ギュッと固まるのが、、、熱系のあの、、、毛先の硬さなわけなので、、、固まりすぎないように出来るので、、、、、例えば、、、、ギュッと凝縮するイメージの原料ありますね?きしむ系のやつ。。。。これ混ぜ込むとかなりマイルドになり、、、ギュッっていうのが、、、、ボールでいうと、、、、熱系がボーリング玉。。。。。その他が硬式野球のボール。。。。傷んだ毛は軟式テニスボール。。。。硬式野球のボール位のぎゅってなる原料に混ぜれば、、、丁度良い硬式テニスボール位のぎゅっと感になると思うわけなんですよ。。。

タンニンで締まりすぎちゃうときがあるんで、、、締ま過ぎを抑えたり、、、、加水で急に酸化させると、、、、特にストレートは締まりすぎで、、、仮にテンションかけたアイロンしてたら、、、戻っちゃいますよね。。。その辺の収縮みたいなところにも効果がありそうな感触なんですね。。。。

まあ、、、、詳しくはわからないんで、参考にどうぞ。皆さんご自分で確かめてください。

いや、、、、楽しいですね。。。上記は研究です。商品開発の一人研究会の様子です。。。。

。。。。

。。。。

 

LINEで送る