LINEで送る

こんにちは

東京都東村山市久米川駅徒歩5分、八坂駅徒歩1分の地下でこそこそ営業中の美容院。

こだわり派の口コミで人気の美容室URBANCRAFT(アーバンクラフト)保です。

。。。。。

先日の話の続きです。

「みんなで作ろうアウトバストリートメント企画」

え~とですね。別に私が作っても良いのですが、、、私でなくても良いのですね。要は自分のサロンで使用するアウトバストリートメントはメーカーの使いたくないんですね。高いから。使うのであれば美容師が作った商材。美容師以外に利益を取られたくないんですよ。なんでか?というのは、、それが業界の歪みに繋がっているからです。

美容師が使うものは美容師が作ったほうが良い。メーカー、ディーラーは美容師がやれば良いんですね。このような考えが全国に広がることで、、、「美容師の地位向上と美容師の時間と利益の向上」が可能なんですね。

私一人で商品作って販売しても私の周りだけが良い思いを出来るわけなんですよ。お客様も購入価格が下がるし、美容師の利益も増える。。。。今までメーカー、ディーラーに流れてるのモノが「戻る」わけなんで。

で、、、、全国の皆様も100個の小ロットで商品作れるので自分のサロンで使用する商材は自分で作ったほうが良いのですね。サロンのブランドも上がるし、経費も落とせる。で、、、自分の「武器」になりますので。

例えば、、、普通にサロンでやってると、、他業種から「売り込み」をかけられますね?悔しくないですか?

こんな時に自分の「商材」があれば、、、要は「メーカー」なんですよ。

、、、、「売り込み」かけられたら。。。「じゃあ、うちのも使ってくださいね」って話が出来ます。これで業界間の関係性がフラットになり、同じ目線で横の繋がりとして、ビジネスの話が出来ます。

「武器」がないと、、、「売り込まれるだけ」。

これってサロンでは不利な状況です。理想は物々交換です。お互い利益を取らない関係。

そこに「武器」になるものがないと、、、「力関係」が出来てしまうので。立場の弱いサロンが不利な状況になります。

なので、研究をし商品化をすることは大きな意味があるんですね。

お師匠が提供してくださる「教材」はこのようなことに繋がるんです。けして口には出さないですが、、、後続の我々美容師に対する「メッセージ」でもあるかと思います。「勉強するっていうことはこういうこと」という不器用なメッセージです。それが結局は「美容師」に還元されるわけなんです。私が「師」と仰ぐのは知識があるからだけではありません。気難しい所はありますが、、、「美容」と「美容師」に対して大きな「愛」を感じるからです。

なので、、、私も同じです。「美容師」に対する貢献は何が出来るのか?ということなんです。別に研究結果なんか書いたところでメリットなんてありませんからね。めんどくさいだけだし。間違えるとつっこまれるし。私の目的は違うところにあります。

このような感覚なんですね。だから、、、商材の権利なんてどうでもいいっちゃどうでもいい。なので、、、洗浄剤なんかは処方以外は「倉谷」君が作りました。デザインもです。「ワード」でデザイン作りましたよ。センスが良いので、、、良いデザインになりました。彼のセンスは間違いなかったのですが、、彼はシンスを間違えました。

要はうちのサロンで使う商材を誰か作ってくれると良いんですね。誰かが作った「商材」だと意味がないわけなんです。なので商材の「名前」も「処方」も、、、「権利」さえも要らないんですね。

で、、、誰もやらないなら、まあ、、私がやろうかなと、、。私がやるのであれば「こんなのどう?」って話です。「いや、、、こういうほうが良いじゃないか?」というのがあるのであれば、、、「じゃあ。お願いします」ということです。幸い深い知識を持つ美容師が多数いますので、その中の誰かが作ればいいだけの話ですから。

ただ、、、その「誰か」が自分の利益を欲しがる人間では駄目なんですね。あくまでも「全国の美容師」の利益を考える人間でないと駄目なんですよ。。。。それだとお師匠がなぜ我々に「知識」を与えてくださっているのか?ということに反します。まあ、正直わからないですが。。。

ということです。。。。

この「企画」はまだ誰が「やるか」決まっていません。誰もやらないなら「私」がやるということです。

「処方」も決定してません。「名前」も決まっていません。

実際に「先日アップした仮処方」の一本当たりの商品の「見積もり」を商品化してない方は知りたいと思います。

普通に教えますよ。「なるほど」ってなりますからね。

この「企画」で儲けてやろう的なことではないんですね。。。。。

これも要は「知識」です。知識は「力」になります。

その力が美容師の地位向上と時間と利益を「戻す」ことに役立つかと思われます。

結構数えればきりがないくらいの闇が存在します。私もサロンに勤めていましたので、、、ディーラー主催の「講習会」「コンテスト」「海外旅行」、、、、「オーナー」+「業界」のズブズブな関係。

スタッフに商材をキャンペーンで売り込まさせて、、、サロン利益と業界利益を上げる。大手サロンは講習会を開きスタッフに自腹で出席させ、自分の講習会にも他者のスタッフを自腹で出席させることによる、、、利益の共有。コンテストという名の資金集め。大きい会社の大手はこんなことだらけ。もちろん個人サロンは違いますよ。

数え上げればきりがありません。前にも言いましたが「美容室」というのは「お客様」がターゲットのビジネスではないですよ。「美容師」はビジネスしませんよ。。。。「美容師」を使ってビジネスしてるんですね。

しかし、、、業界のせいにしていてもしょうがありません。力と知識を身につけなかった美容師にも問題がありますから。勉強不足という一言でかたずけられます。

こんな業界が嫌だからと言って何もしないっていうのは違います。じゃあ、どうするの?ってことですね。

同じように賢くなって「美容師」を「使う」のか、、、はたまた、、、おかしいと思い「変える」のか、、、、

とかなんとか。。。。。。

 

今後も情報アップしていきます。

気になる方は、、、

「タイムラインでなくメッセージで個別に対応します」当たり前ですが、コンサル料とかとりませんから。

それではまた明日。

 

LINEで送る