LINEで送る

こんにちは

東京都東村山市久米川駅徒歩五分、八坂駅徒歩一分の地下でこそこそ営業中の美容院。

こだわり派の口コミで人気の美容室URBANCRAFT(アーバンクラフト)保です。


本日は艶をだしながら、さらさらのスタイリング剤の記事です。

カラー毛で癖は比較的ありません。もともと髪質が良いってのもありますね。

濡れてる状態でKEEP10プッシュ⇛ヒアルロン酸+リピジュア⇛D5+ペリセア+ラクトンVEです。

最近はこの組み合わせがお気に入りでして、、、非常に上質な質感を作ります。スゲーいい感じになるんでぜひとも試して頂きたい一品ですね。軽いし、艶出るし、加齢毛のちりつきを抑えるし、、、、で、熱で吸着です。

タンパク質と脂質、糖質、薄い皮膜、軽いオイル。かなり良いです。うすーーくのっかる感じ。さらっさらのつやつや。これほんと。

下記の方は多毛で太い毛です。乾燥で硬くなりやすいんですよ。内部も抜けやすい。とにかく固く仕上がりがちになります。

カラー剤に対して脂質を思いっきりぶち込みます。前処理で酸シス。

カラー剤流してからアルギニン、尿素、でパシャパシャします。やりすぎると色抜けるので注意。phコントロールつけて流します。

びっくらこくほど柔らかくなりますよ。大げさかな?やっぱり脂肪酸なんですよ。還元、酸化、タンパク質に目がいきがちだけど、、、髪の柔軟性。そこはやはり柔軟、保湿成分をたーーーっぷり補給して、、、、髪質とメニューにもよりますが、、、。

仕上げはさっきと同じパターンなんですが、髪質が違うのでハリ・コシメインでなく、、、、、タンパク質もシルク、コラーゲンです。ケラチンでなく、、、シスは使うけど、、、尿素、アルギニンが非常に効く。柔らかいのね。まあアルカリですからね。

カットはお二人とも超多毛で太い毛ですが。セニングつかってません。アウトラインをほんの少しだけ。セニングいれると逆に広がるんですね。

多くて硬い毛ほどセニングガツガツ入れがちですが、、、、、逆です。ここが難しいのですね。カットは。お客様にも「軽くして」って言われがちですが、、、逆なんですね。

セニングありきの考えでなく。まずは「ブラントカットだけで仕上がるようにする。」ことが大事で、乾かして必要なとこだけって感じです。

私もお客様から要望はうけつけますが、、、基本私はプロでお客様はプロではありません。鵜呑みにして全てをお客様の要望に委ねるのはプロの仕事ではありません。駄目なものは駄目。出来ないことは出来ない。やらないことはやらない。ときっぱりとこちらの意見も伝えることが重要で、責任をとれないことはしないようにしています。

仮に自分が手術することになって、、、

お医者さんに「どうしましょうか?ドコをどうやってきりましょうか?」なんて聞かれたら不安でしょうがありません。患者が伝えるのは「ここがつらいからなんとかして」だけだと思います。

患者が「ここが痛いからこうやって切って」といってお医者さんが「かしこまりました。」といって患者のいうがままに切る。結果えらいことになる。そんなときに「あなたが切ってっていったから切ったんですよ。私の責任じゃないですよ」なんて言われたらたまったもんじゃありませんよね?

プロが責任持って「お客様の悩みを解決」するのがプロであって「出来ないものは出来ない」と伝えるのもプロの仕事かと思います。

美容業界の摩訶不思議「お客様の指示に従う」、、、、これはプロの仕事ではないと思ってます。あくまでご要望を聞いた上での、、、悩みを聞いた上での解決法を責任もって行う。ってことですね。無理なものは無理。やらないことはやらない。出来ることをする。最善の方法を自分で考えて責任感をもつ。ってことでしょうか、、、、。「一生懸命勉強して出来ることの幅を増やす努力」は当たり前にやりますが「周りが出来ないことが出来る」ってことよりも「自分をもつ」ほうが重要な気がします。別に私はなんでも出来るわけじゃないんですね。なんでも知ってるわけでもない。なので頼られても困る。基本は自分で何とかするもの。そこまで責任感はもってませんね。

まあ、、、、今だから言えることだけど、、、、、。

 

LINEで送る