LINEで送る

こんにちはURBANCRAFT保です。

口を酸っぱくして言っておりますが。

忙しくなった美容師が待っているもの。

ここに目を向けている美容師はいますか?って話です。

暇だった美容師が一生懸命忙しくなるために頑張るんですね。

何年もかけて己を磨き、お客様に支持を頂く為に必死に頑張るんです。

で、、、結果はついてきます。30歳になる頃には努力が実を結びめでたく忙しい美容師の仲間入りを果たすんです。

すべての美容師ではありません。もちろん。

才能と努力を兼ね備えなた10%の美容師。

そのころには年齢も30歳位になっているでしょうか?

そのがんばった結果の人生ってどうなってるの?

成功ってこういうこと?

と疑問に持つと思うんですよ。

私がなんでここまで口を酸っぱくして言っているか?

私は3児の子を持つ父親です。

100%仕事だけの人生なんて出来ません。

カミさんには怒られるかもしれないですが、私なりに親としての勤めみたいのも意識してるんです。私なりにね、、、、。カミさんには「はあ?」と言われるかもしれないですが、、、、。

美容師っていう仕事は皆さんが思ってる以上に費やす時間が多いものです。

最初はびっくりするくらいの薄給です。

様々なことを削らないと成功出来ない職種なんです。

自分の好きにのほほんとやっていけるほど甘い職業ではありません。

普通にお客様に料金を頂き、普通に美容師としてやっていくのに様々なことを削られる職業です。まあ、ゆるい店もありますよ実際。でも緩いとこでやっても先はないです。

行き着くとこは30歳まで続かないか、、、、激安美容室です。悪いとは言いません。

悪いとは言いませんが、私はやりたくありません。

私だって人間です。祝日に休みもほしい。家でやるべきこともある。

20歳で結婚をした私達夫婦は厳しい毎日を過ごしてきたと思います。

私も大変でしたが、カミさんはもっと大変。

旦那はいつも家にいない。稼ぎもない。家にいても疲れて寝てる。

それはそれは苦労をしたと思います。

未だに頭が上がらないのはこのせいです。

美容師を辞めてほしいと何度も涙ながらに頼まれたことを思い出します、、、、。

それでも美容師を辞めたくなかった。

美容師を辞められなかった。

本当に好きな仕事だから、、、、。

なるべく、家に近い場所で勤務し、周りに冷ややかな目で見られながらもなるべく早く帰宅しるようにし自分ができる範囲で家にいる時間を作りました。祝日に休むことも多々ありました。

それでも9時から8時30分位までは働くんです。祝日休むのも月に3日位。

どうしても必要だったんです。

でもね、、、これでも長時間の拘束だと思うんですけど、コレでも白い目で見られてしまうんです。

私は万年平社員でした。

でも私が出世することは=家族との時間が減るということ。

はじめの会社では自分でいうのもなんですが出世頭でした。必死に頑張り先輩たちをコボウ抜きしていきました。まあ、必死さが違いましたから。だって食ってけないんだから。お腹空いてんだから。

若いながら後輩の教育に携わるところまでやってました。お店も一店舗の管理を任されてました。

それでも上がらない給料。今度はせめて給料くらいはなんとかしたい。

そして忙しいところに入ります。

もっと忙しくなりました。3倍忙しくなり給料は1.5倍位?だったかな、、。

しかし、、、、

忙しくなるほどに削られる家族の時間。時間は見事に削られ、、、毎日終電で変える感じ。休みもガクッとへりました。

無駄な時間は削ってたんです。友達付き合いも辞め、趣味も持たず。無駄な時間は削ってきた。それでも足りないんです。時間が、、、、。

そしてとうとう、、、

忙しい毎日の美容師と家族との時間を天秤にかける時がきてしまうんです。

で、、私が選んだのは家族の時間。

そして、家の近くで尚且つこだわった美容室で勤務することになりました。

時間は随分増えました。

それでも無駄が多い。

けっして贅沢を言ってるわけではないんですね。

意味のない時間を使いたくない。

それだけなんですよ。

なんか、、、美容業界って変に古い体質が残っていて、本当に意味のない全く無駄な時間がたくさんあるんです。美容師ならわかりますね、、、。

そのような意味のない時間を有意義に使いたいだけなんです。

それだけでもメチャクチャ時間が作れるんです。

たぶん一般的な会社なら普通のことが美容業界では白い目で見られる感じになるんですね。

まあ、その他様々な思いがありつつも美容師を続けてきたんです。

「本当はこうやりたい、、、。こっちのほうが良いのに、、、。自分だったらこうする。」

「オレはもっと出来る、、、、もっとやりたい、、、。」

という気持ちを抑え淡々と仕事に専念する毎日。

会社のことなんてこれっぽっちも考えてませんでした。正直自分に大事なことは明確で、その大事なことが一番できそうなところに勤務しただけだから、、、。はっきりいって会社のことなんてどうでもいい。

出世をして忙しくなるのも駄目、、、。出来るか出来ないかは別ですが、、、。

そこまで責任を追える状態ではない。家族の時間を大事にするためにこっちに来たわけだから。、、、、、悶々とする気持ちを抑え淡々と技術の向上に励む毎日。

目立たず、、期待もされないように淡々と影を潜めて働くんです。

でも心のなかでは

「、、、、もっと、、、もっと美容をやりたい、、、、。」

、、、、、

、、、、

月日は流れ長男、長女も大きくなりました。親がうっとしくなるお年頃。3人めも生まれたばっかり。

チャンスは今しかない、、、、。

そして長年溜め込んだ私の美容を爆発させるんですね。

「オレは~~これがやりたかったんじゃーーいい!!」

ってね。

はじめの会社の後輩なんかの私のイメージは

「熱い人」

前の会社の人なんかは

「冷めた人」

こんなイメージかと思います。

昔から私を知っている同僚なんかは「保くん昔から変わらないね。本当に暑っ苦しい男。」

しかし、何年か前から知り合ったお客様は「保君なんか変わったね、、、。前は淡々としてたのにね、、、。でもうちに秘めるなにかはあったよね、、、。」

、、、

カミさんによく言われた言葉が、、、、

「あなたが美容師じゃなかったら最高だったのにね、、、。」最高は言いすぎかもしれませんが。

とまあ、自分の話は置いておいて。

こんな感じです。リアルな話。こんなに時間と労力を使っていてこの給料ですか?

って話になるんですよ。

どこに消えたの?、、、、、、、、

はっきり言います。

チェーン店などは

美容経営者と役員がもってってます。

、、、ヤベ、、言っちゃった。

自分では働かずスタッフの時間を使い利益を生み出し、自分は好きなように時間を使います。

人が頑張ってお客様から預かった売上の一部で生活してます。

そして誰よりも高給取りです。その他もろもろ会社のお金使っちゃいます。

ヤベ、、、言っちゃった。

どの面下げて部下に偉そうなこと言ってんだか、、、。

、、、

そんなところだけではないと思います。大きな会社にはよくある話ってことですよ。

個人店は違いますよ。多分。

個人でそんなことは出来ませんよ。

チェーン店ね。チェーン店の話。

話がそれました、、、、。

忙しくなった美容師。

その先は?ってことです。

忙しくなったその先はどうなの?それで人生上手いこといくの?

私のカミさんはたまたま根性のある人だった。

でもそうでもなかったら、、、、、。

様々な人生の変化に対応できるわけ?そんだけ忙しくて、、、、。

まあ、普通に頑張ってたらがんじがらめで身動き取れなくなるのが目に見えてます。

そんな人見てきてます。私も経験しました。

だから、忙しくなった先まで考えてシステムを作っているんです。

これならどんな人生の節目にも対応できるよって。美容師でもね。

いろんな人生をチョイス出来る美容師になれる。

普通は違う。

行き着く先は忙しくて寂しい人生。または売れなくて美容師辞める。

今は美容師の選択肢も増えました。今はもっと美容師人生を選択できる。

結局は美容師の人生を考えることも大事なんです。

行き着く先は昨日も話した「お客様の気持ちのよい日常」と「心地よい時間」

の提供に繋がります。

なんのこっちゃ?と思った方は先日の記事をどうぞ

それではまた明日

LINEで送る