LINEで送る

こんにちはURBANCRAFT保です。

今回はシャンプー、トリートメント剤の話です。

お客様にドラックストアで売ってるシャンプー剤で良いのありますか?

って聞かれることがあるんですけど。

「ないですよ。」

って言います。

良いどころか頭皮と髪に悪影響があるんで、ドラックストアのシャンプーで洗う際は毎日使うと髪と頭皮の負担が大きいので、、、、2日に一回位がいいですよ。もしくはお湯だけで洗って方がいいですよ。使うときはごく少量でしっかり泡立てる位使っちゃうと髪と頭皮が痛みますよ。

って言ってます。中に入っているのは石油系の界面活性剤と水と防腐剤です。

後の有効成分の配合量は、ほーーーーーーんんの微々量です。

もちろん有効的な配合量は入ってません。形だけです。

後は手触り良くするのが入ってるだけ。

良いどころか、悪いんで、、、使い方には気をつけてくださいね。と伝えてます。

んで、、、美容室のシャンプー類はどうか?といった時に250MLで2000~3000円位するんですが、、、何が違うって、主成分の界面活性剤がやさしいんです。

髪質をすごく良くするいいとは言いませんが、髪と頭皮に悪くはないんです。

ドラックストアのシャンプーはどっちかって言うと髪と頭皮を痛めるものが入ってます。

サロンのは髪と頭皮が痛まないものが入ってます。

その違いです。

んで、、、有効成分はどの位入ってるか?といった時に、、まあ、そこそこ入ってます。

という感じです。

悪いもの使うくらいなら悪くないのを使ったほうが良いですよねって話です。

髪とか頭皮にいい成分って高いんですよ。

高いから混ぜることが出来ないんです。

うちのトリートメントに使ってる成分の一つにこちらがあります。

なんていう成分かは秘密です。

髪がスーパープルプルになる成分です。

コレ、、、、、たった30グラムで5000円弱します。

コレね、、、、小分けして売ってもらってるんです。特殊なルートでね。ディーラー注文ではありません。原料から調達してます。原料なのにこの価格なんです。

日本で一箇所なんで小分けしてくれるとこ。大声では言えないルートなんです。もちろん一般的なサロンは知りません。タブーなんですよ。

薬剤っていうのは成分を作ってる会社からシャンプー剤をつくるメーカーが買って、シャンプー類を作ります。

そんで、そのシャンプーを中間業者のディーラーが買って、更に美容室に売るんです。

そして、美容室がお客様に売るんですね。

、、、、、、

どういうことかわかりますか?

成分30グラム5000円っていうのがどういうことか?

美容室がシャンプーを仕入れる際仕入れ代は売値の70%位で仕入れるんです。

仮に1000円だったら700円で仕入れます。

んで、今度は中間業者のディーラーが製造会社であるメーカーから仕入れるんです。

700円のものを更にディーラーが利益が出るように仕入れます。

更にメーカーはメーカーに利益が出るように成分を工場から仕入れて作ってるんです。

、、、、、わかりますか?

ひとつのシャンプー類を作成する時に使えるコストっていくら位なのか?

最終的にお客様に提示する売値の10%以下からいっても20%位だと思います。

仮に10%だとすると1000円のものを作るのに100円で作らないといけないんですよ。

メーカーは。

2000円のものをつくったら、20000円で売らないといけないんですよ。

んで、、、、成分の値段、、、。

コレ

小分けしてもらって5000円。

こんな高価なものメーカーはなかなか使えないんです。高くなっちゃうから。

入れたとしてもビビビ微々量です。スーパープルプル成分なんですけどね。

メーカーもわかっちゃいるけど、出来ないんですね。

売値が上がって売れなくなるから。

そんでもって、あまり効くの作っちゃうと、売れないんですよ。

薬事法に引っかかっちゃって。

ドラックストアの薬はあまり効かないから売れるのであって、、

効くほどの力のある薬は医師が処方しないといけませんから。

美容室も同じ、、、、あまりにも効く成分って売り物には出来ないんですよ。

資格をもった美容師が提供するのならOKなんです。

病院風にいうと、髪の手術をして薬を処方する。

これが有資格者の本当のあり方です。

ドラックストアで売ってるレベルの効くか効かないかわからないのをお客様に提供してたって、、、それ、、美容師っていう国家資格必要なの?って思うんですね。

効く技術、効く薬を有資格者がお客様に責任持って提供するっていうのが有資格者であるプロの仕事なんですけどね。

話はずれますけど、、、なんで病院は保険制度があって、医師は尊敬されるのに。

おんなじように人体の治療に近いことやってんのに、美容師は社会的に低く見られるんでしょうね。薬品も使うのにね。

まあ、、、作業屋だと思われてるんでしょうね。実際ただの技術屋が多いのは事実だけど。

話がそれました。

んで、、メーカーが本気で良い物を作るとこうなります。

メーカーが本気で効く成分がガッツリ入れると、、、、こうなります。

コレ

エアストに使ってる髪の栄養分です。コレ19000円位します。

とても効くんですよ。だって有効成分がぎっしり入ってるから。でも19000円するんです。

効くケラチンです。

本気のケラチンはこの位の価格になってしまうんです。

メーカー直売でね。

メーカー直売でぎりぎりコスト落としてもらってこんなもんです。

こんな処理剤を10本ほど使って行うのがエアーストレートです。

時間もかかります。だからどこの美容室でもやっているメニューではないんですね。

美容師ならわかりますが、たかだか処理剤にここまでコストかけれますか?

、、、、、、

話は戻ります。

シャンプー剤に有効成分をたくさん混ぜるのって無理があるんですよ。

美容って保険が適用されるわけではないんで。

病院でも保険適用外の治療がとんでもなく治療費がかかりますよね?

美容も同じです。治療できるくらいの成分を混ぜるにはコストが非常にかかるんです。

メーカー側もそれだけコストかけた製品を作ると販売価格がぐっと上がってしまい。

商品が売れなくなります。

なので、売れる範囲内にコストをとどめて後は流行りの成分を微微々配合させて売れる商品を作るんですね。後は、、、すこー-しだけ入ってる有効成分の効果を過大広告するんです。

対して効かないのはわかっていても、、効くほどのものを作ると売れない。

こんなジレンマがあるかと思います。

薄いんです。

配合量なんてのってませんから、、、、

0.01%だろうが10%配合だろうがわかりませんから。

そのような仕組みです。

いいものを仕入れたいならメーカー直売のほうがいいし、

もっというのであれば、自分がメーカーになって材料調達から作成しないと良いものは作れないんです。

、、、、

んで、、、うちで使ってるトリートメント

コレ

高めのトリートメントに微微々配合されてる物です。

これを何%いれてるか?

この30グラムをどの位配合してるか?

、、、、、

、、、、、

ええ、、、ええ、、、、そうです。

、、、、、

全部です。

500ミリのモノに大胆に全部仕込ませてます。

全部混ぜてます。

そして配合してるのはコレだけではありません。

色々入ってます。

私はこのトリートメントを濃い濃い言ってるんですけど。

有効成分の濃さが重要で濃いものを作らないと効き目が無いんですね。

そもそも、、、。

そして濃いものを作るためには原料を原料会社から仕入れないとコストがかかりすぎてしまうんです。

これが当店トリートメントが効く訳です。

そしてそうそう真似が出来ないんです。

このように自分のお店がメーカーになるくらいの気持ちでないといい商品は使えません。

だから昨日も言ったようにプライベートブランドを持つことが重要なんですね。

仕入れコストと言いますか、、作成費用を抑えて良いものが作れますから。

もちろん勉強しなくてはいけないんですが、、、

なんちゃってプライベートブランドを使用しているサロンも数多くあります。

メーカーに依頼して代理に作成してもらうんですけど、、、。

それだと結局高くついちゃっても意味が無いんですよ。

メーカーも作成費を乗っけてきます。そしたら、仕入れが結局対して変わらない。

結局良い成分を高配合出来ない。

パッケージだけ変えたプライベートブランドもありますからね。

そうではなく、自分で成分を工場から仕入れメーカーになるくらいのことが出来ないと駄目なんです。

このような考えがあります。

正直ディーラーの価値ってなに?って話になるんですね。

メーカー側からすればディーラーが様々な商品の中から美容室に商品をオススメするんですね。なので選ばれなくちゃいけないメーカーはディーラーより立場が弱いとこがほとんどです。

昔は入り口がディーラーしかなかったので、ディーラーに自社製品を美容室におすすめしてもらわないと売れないですから。

んで、、知識のない美容師はディーラーの情報を鵜呑みにしてお客様に売るんです。

しかし、、、ネットの普及で情報は与えられるのではなく、自分から探すものになりました。

美容師はディーラーのオススメではなく、自分の知識を頼りの商品を選ぶようになりました。

私は商品知識があるので、ディーラーはなくてもいいという考えです。

ディーラーの情報はあてにならないし、自分で探せるから、、。

このような時代です。

今までブイブイ言っていた中間業者のディーラーは減っていきます。

だって、、、おかしいでしょ?一生懸命商品を作ってるメーカー、一生懸命サービスを提供している美容師。

ディーラーは情報を武器に商品を右から左へ流して利益を生み、一番の権力を持ち、、、、美容界をぐちゃぐちゃにしている。

おかしいですよね?

、、、、

、、、、

うちではこっそりとトリートメントだけいい感じにしてます。、、今後はもっといろんなことにチャレンジしたいと思ってます。

それではまた明日

LINEで送る