LINEで送る

こんにちはURBANCRAFT保です。

先日高校生の時からの私の数少ない友人であるK君と食事に言ったんです。

過去に何度か記事にして登場しているK君。

私と同じ誕生日で同じ血液型で正確がよく似ています。

過去にこんな記事書いてます。

パーマ液カラー剤シャンプートリートメントなどでアルカリが悪い風潮があるので引用させて頂きました。。
何事も
バランスですよ^_^

あなたの体は中性ですか?^_^
髪は死滅細胞です。治りません。誤魔化して綺麗に見せる事はできますが^_^

だからこそ体に気をつけて下さい^_^(これから生える髪が変わるので^_^)

人間が生きていくには血液のpHレベルを弱アルカリ性(7.365)に保たなければなりません。
体内のpHレベルを正常に保つには日々の食生活が重要です。pHバランスとは、体内(体液、血液、細胞)のアルカリ性と酸性のバランスです。
しかし、酸性に偏った白砂糖、精製された穀物(白い小麦粉や白米など)、遺伝子組み換え食品などを摂取しています。

その結果、健康を維持することができなくなっています。
pHのバランスが崩れると、細胞の活動と機能が妨げられます。身体が酸性に偏りすぎると、癌、循環器疾患、糖尿病、骨粗しょう症、胸やけなどの重大な健康問題を引き起こすことになります。

長い間、身体を酸性に傾いた状態にしておくと老化を加速させます。病気の原因の殆どが身体が酸性に傾いていることにあります。
最適なpHバランスを維持することが健康を維持する重要な秘訣の1つなのです。

体内の解毒とアルカリ化                        強健ラボ
解毒とアルカリ化は、瀕死のミトコンドリアを復活させる方法です。
解毒、アルカリ化によりミトコンドリアの大好きなマイナスイオンをたっぷり生産し、生命の全てを握っているミトコンドリアを活性することが病気回復の真髄です。
健康とは、ミトコンドリアを元気にさせることです。

人体細胞の活動に、クエン酸サイクルというものがあります。
体とクエン酸の凄い関係=クエン酸サイクル

エネルギーのもとであるブドウ糖がミトコンドリアの中に取りこまれると、クエン酸が次々と8種類の酸(コハク酸やリンゴ酸など)に変化しながら、その過程でブドウ糖からエネルギーを取り出す仕掛けのことです。

その変化の最後、9種類めに再びクエン酸になります。これがクエン酸サイクルです。
消耗した分は補充してやればいいのです。
ガンは、たくさんの乳酸をつくります。
ブドウ糖を分解するとき、酸素をたっぷり使って高分解させるのが健康細胞のクエン酸サイクルのやり方なのです。

ガンは酸素を使わずに、大量のブドウ糖を低分解させます。その低分解=不完全燃焼の燃えカスが乳酸です。
ガンの周囲を囲うように、その大量の乳酸がたまり、そのあたり一帯が酸性になると、ミトコンドリアは弱って、その中のクエン酸サイクルが停滞、停止します。

ガン・慢性病の主原因は、乳酸というゴミがたまって身体が酸化することです。乳酸アシドーシスというガン体質が、人を病気にします。

クエン酸・重曹は、それぞれが違う特性を利用して、乳酸という人体のゴミをお掃除できるのです。
乳酸がたまるのは、スムーズにクエン酸回路が働いていない事が、大きな原因の1つです。補酵素・栄養素などの不足によってクエン酸回路が回転しないので、乳酸がたまってしまうケースが多いのです。

クエン酸はクエン酸回路を回転させるのに、最も必要な物質の1つです。
ビタミン・ミネラル・アミノ酸・リンゴ酸・コハク酸などと一緒に、クエン酸回路をスムーズに回転させてATPを作るのに、クエン酸は必要不可欠な物質です。クエン酸を常用すれば、乳酸がたまりにくく、疲れや病気を防げるのです。

クエン酸サイクルは、回転にともなって活性酸素を出すので、それが集積することによってがガン細胞は死んで、健康を保っています。

ミトコンドリアはそうして自然で順調な細胞の死、すなわち細胞の代謝という、重要な役割をになってますが、クエン酸サイクルが停滞、停止しますと、ガン細胞は死ななくなってしまいます。身体中のミトコンドリアで、強固なクエン酸サイクルを確立し、ぐるぐるグルグルできるだけ激しく廻してあげればいいのです。

ガン細胞の中のミトコンドリア内でクエン酸サイクルが激しく廻りだすと、他の健常細胞のミトコンドリア同様、活性酸素を蓄積し、その結果、放っておいても順次死んでいってくれるようになります。

またガンは周辺環境がアルカリ性(ph7,4)になると、活動が弱り休眠状態にもなります。
クエン酸は,腸内で分泌した重曹と混ぜられて、クエン酸ソーダというアルカリに変わりますので、これを大量吸収すれば、酸性方向に傾いた招病体液そのものを、健康な弱アルカリ性に変えることができます。

身体をアルカリ化させますので、つまり、ガン、糖尿、あらゆる病気に効果があります。

重曹水には、炭酸水素イオン(重炭酸イオン)が含まれています。この炭酸水素イオンが、血液のpHに大きく関わっています。炭酸水素イオンが多ければ血液はアルカリ性に傾き、炭酸水素イオンが少ないと血液は酸性に傾きます。

ガン・慢性病の根本原因である乳酸アシドーシスは、血液のpHが7.35未満という酸性に傾いた状態です。つまりガン・慢性病の人の血液は、炭酸水素イオンが減少している状態です。
クエン酸+重曹水+はちみつ
重曹、クエン酸は癌や、肝臓病など病気を治す効果があります。
昔から疲労時にはクエン酸、と言われています。 病気の時、体液は酸性になります。
身体が酸性に傾くと、人は疲労し、病気になります。
クエン酸は酢・梅干し・トマト・レモン・グレープフルーツなどに含まれています。

また、酸性に傾いた血液(乳酸アシドーシス)を、アルカリ性の重曹で中和すれば、様々な病名が付いた慢性病が改善します。
特にガン・腎臓病・胃潰瘍・痛風などに効果があります。

①重曹~体のアルカリ化・デトックス(毒素の排出)など。

②クエン酸~体アルカリ化・クエン酸回路~エネルギー(糖分などの)代謝・ミトコンドリア活性。

ガンは酸性でミトコンドリアの働きが弱まることでも発生するので、重曹とクエン酸はそれぞれ効果が違いますが、それぞれが重要です。

◇身体を弱アルカリ性に保つクエン酸重曹水の作り方(1人分/1日)
クエン酸・重曹をそれぞれ、大さじ1を水500mlほどに入れてかき混ぜ、
はちみつ(純粋で農薬検査が済んだ生のはちみつ)大さじ1を入れて混ぜ、
それをできれば2時間おきに少しずつ飲む。
クエン酸と重曹の比率は多少変わってもかまいません。

★クエン酸と重曹をまぜることでクエン酸の酸が中和されて飲みやすくなり、
重曹のまずさが無くなる上、ハチミツはビタミンB群の宝庫です。

★ハチミツの大切さ
ビタミンBはクエン酸回路を回す重要栄養素なので、それぞれを混ぜることが
肝心です。
[はちみつレモン=はちみつ+クエン酸]は必須です。

★クエン酸は一定時間が経つと体から出ていくので、定期的にこまめに飲むのが
理想です。

★重曹は飲みすぎると胃酸を中和しすぎるので、食前・食後に飲む場合は注意して
ください。(胃酸過多の場合は重曹は有効です)

★クエン酸に限らず、酸性の高いもの(果物など)は、長い間歯に付着していると
歯を痛めるので、クエン酸水を飲んだあとは口を真水や重曹水でゆすぐのが理想です。

また、重曹とクエン酸は、それぞれお大さじ2杯ほどお風呂に入れたら血行が良くなり、
体が芯から温まってデトックス(毒素を体から出す)効果もあります。

体内に癌が生み出される原因が体質として存在しているために、癌ができ、成長・増殖・転移・悪性化している。

癌細胞が発生、増殖する体質とは、
・血液の汚れ
・腸内の汚れ
・腸内細菌の乱れ・破壊
・腸内と血液が汚れることによって発生した細菌・ウイルス・カビによる血液の汚染
・腸内に溜まった古便・停滞便である宿便が体内に撒き散らしている毒素、酸毒
肉食(獣肉食)をすると、腸内に酸性腐敗便という宿便が溜まる
酸性腐敗便は酸毒を発生し、血液・体液を酸毒で汚染している
腸内に溜まった宿便は、体内で毒素、酸毒を撒き散らし、血液・体液を汚染している
・食品や日常用品から体内に取り込んだ化学物質・化学化合物により、活性酸素を
発生させ、酸化ストレスが増大する
・代謝機能の低下・不具合・機能不全・異常
・免疫機能の低下・免疫異常
・間違った食事、特に、肉食(獣肉食)による体内の酸性化
・肉食(獣肉食)によって引き起こされる血液の酸毒化
・糖質(ブドウ糖)の過剰摂取により細胞内への乳酸の蓄積
・生活習慣・社会環境が原因で発生した活性酸素による体内の酸化

これらが原因となって体内に癌を生み出し、増殖させています。
癌細胞が発生、増殖する体質を改善しなければ、癌は治ることはありません。

癌細胞が発生、増殖する体質を改善する上で、絶対に必要なのが食事療法(栄養療法・食事改善)です。
癌の成長・増殖・転移・悪性化に直接関与している乳酸アシドーシスをはじめとする癌体質を改善するために、ご自分の納得のいく糖質制限&栄養改善の食事療法を基本に置き、腹八分の少食療法で過食を防ぎ、
半日断食や週末一日断食という安全な短期間の断食を活用することで身体の様々な機能を積極的に改善して治癒力を向上させ、癌に負けない体づくり、癌が改善して治すための体づくりをしてください。

また、植物性食品から抗酸化物質を多く摂り、酸化ストレスを軽減して、体の酸化体質(人体の酸化)を改善しましょう。

食事療法(栄養療法・食事改善)とは、癌治療における基本を成すものです。
しかし、重篤に悪化した癌患者さんの酸化体質の下では、栄養摂取よりも先に、抗酸化・酸化還元によって、酸化体質を改善する必要があります。

☆玄米乳酸菌
☆クエン酸
☆重曹
☆玄米乳酸菌豆乳ヨーグルト

まあ適当にストレスフリーで生活するのがいちばんの健康ほうなんじゃないかな?(・_・;
八割で(笑)バランス保たないと振りこの原理でいいも悪いもかえってきますよ^_^

 

髪は死滅細胞です。治りません。元の身体を健康にすることこそが髪質改善です。
傷んだらセットの仕方やトリートメントで誤魔化しましょうwそれでもダメなら切っちゃう^_^そんな感覚でオシャレ楽しみましょう^_^
身体に気をつけて下さいね。

 

 

 

、、、、、、、

すごいでしょ?

K君はとにかく謎めいていまして、未だにつかめない人間です。本当に何考えてるか分からない。

いつもふわっとしていまして真面目な話とかしないんですけど、、、、時折びっくりするような悟りの境地の発言をしたり、また非常に深い知識を持っていたりします。

10年位前は美容師、ダンサー、総合格闘技で大会にも出てました。そして夜はしっかり遊んでいました。意味わからないでしょ?いつ寝てんのかな、、、、。

交友関係はとてつもなく幅広く、凄まじい人脈を持っています。

性格はニコニコしていて人懐っこく謙虚。

誰とでも仲良くなりますが、、、、しかし、高校の頃からなんか独立してるんです。

グループ内にいてもグループにいる感は皆無。こんなにも周りに人がいるのにこんなにも孤立していて孤独臭を漂わせています。不思議な人間です。

自分の知識を見せたり、特技を見せることもなく、バキみたいな感じなんですが、、、

本人いたって自然体。とくに力を誇示することもありません。

周りに自分の力を誇示する必要はないと思っているのか、、、、とにかく全てを自分の中に隠します。

なので、、、これだけ古い付き合いでも距離感は変わらないまま今に至ります。

そして未だにつかめないし、良く分からない。

私も似たようなところありますし、私の息子も似ています。

とにかくK君はすごい。誰よりも自由で、なにものにも束縛されず、誰よりもたくましい。

そして誰よりもストイックに人生を楽しんでます。

上記の記事内容も、、、、急にです。

そういう人間なんです。

たまーに急にすごい一面をぶっこんでくるんです。

実に興味深い、、、、、。

まあ、、、、それで仕事の話ししてたんですよ。

んで二人で思ったことは、、、プロフェッショナル性を高める必要性。みたいな話です。

美容師はこの10~15年美容の勉強よりも写真や広告、売れるためにテクニックなど商業的なことばっかりやってきた。結果5年ほど前まではビジネステクニックのあるサロンにお客様が集まった。しかし、美容の勉強はおろそかになり、数字をあげることに意識を集中しすぎた。結果表面的な広告上手なサロンが生き残り、本物の美容師が減っていった。しかし、賢いお客様は流行りの美容室に足を運んでみた所、、、たしかにオシャレでカリスマ性はある人間がいた。しかし、、、肝心の髪は良くならなかった。

売れることばかり考えてる営業マンよりの数字美容師は下手です。

雰囲気は誰よりもあるかもしれません。口も上手いし、オシャレかもしれません。

が、、、、下手。

有名店、名のある美容室に通ったお客様は目を覚まします。

表面に流されて内容のない美容室だったことに気づきます。

賢くなったお客様は本物を提供する美容室、美容師を見抜く力を手にしました。

大人世代はそうです。美容師の技術、サービス、人間性を見抜きます。

だから、、、、今の御時世、かわいいモデルを使用した、スタイル写真も載せればお客様が集まるわけではないんです。

そうならないことくらい分かるんです。そしてかわいいと思う写真をとる人間が上手いとは限らない。

上手い下手は切ってもらい1ヶ月経たないとと分からない。

大人は表面で美容師を判断しません。

技術、サービス、、、、、そして熱意。

プロフェッショナルとしての仕事を美容師に求めています。

ずーっと言ってます。私は。

写真取る時間があるなら勉強しろ。

モデルを集める時間があるなら勉強しろ。

楽してお客様を集めたところで内容がなければ維持なんて出来ない。

メッキが剥がれたところで終わるから。

お客様を楽に集めることばかり考えず、目の前のお客様をもう一度ご来店していただくためにはナニが必要かを考えることのほうが何よりも重要であるということ。

K君とも話をしました、、、

「今の美容師はジメチコンについて調べる必要があるよね(笑)」

カットを磨く、シェープを磨く、知識を増やす。研究をする。

地味ですが、、、、広告でお客様の支持を得られない時代になってます。

本物を見抜くお客様が増えたんだから、本物を磨かないと生き残れないんです。

表面的な薄っぺらいことしてもお客様に見抜かれます。

シンプルでいい時代になったと思います。

上手けりゃ黙っていてもお客様の支持を頂ける。黙っていてもカットに対する姿勢や作り上げるヘアスタイルで頑張ってきた自分を見抜いてくれるんだから。

逆にペラペラ話をして、良いことばっか言っても内容がなければいつまでたってもお客様は集まらない。

一昔前はヘタも上手いも見抜けなかったかもしれないですが、経験を重ね大人になれば上手い人と下手な人の違いはわかりますからね。

今は売れっ子の美容師もいるかと思います。

アシスタントを多く抱えるカリスマ美容師ね。

それだけ時間がなくて、、、休みも少なくて、アシスタントの教育もして、上司と飲みに行って。

35歳位まで何年もそのスタンスで10年やってきたとします。

私は言いたい

「あなた自分の技術と知識を磨くことを忘れてませんか?」

10年忙しくやってきて売れたかもしれませんよ。

でもね、、、、自分を磨き、研究をするには一人で自分と向き合う時間が必要なんです。

あなたがアシスタントの教育をしている間に私はジメチコンについて調べ、研究をしてきました。あなたが飲みに行っている間に私はカラーの毛束を染めていました。あなたがモデル写真でお客様を集めるために頑張っていた時、私はシェープの角度にこだわっていました。

私のほうが数字的には売れていないかもしれない。

しかし10年経ってみて下さい。美容師としての実力は雲泥の差がでます。

こっちは勉強する時間を確保し、己を磨く事を続けてきたんだから。

そしてこれからも自分を磨いていきます。

カリスマ売れっ子美容師が10年後独立したとします。

はっきりいって技術も知識も古いまま。

青山じゃリスクあるから、、、多摩地区に出したとします。

自信満々で降臨したとします。

しかし、、、なんだかうまくいかない。

その時に自分の本当の実力を知ることになるんです。

最近有名店育ちの元売れっ子が多摩地区に降臨してきてます。

多摩地区ナメすぎ。郊外ならもちろん通用すると思っているのかもしれません。

そして、、、、売れてたころと同じようにモデル写真でインスタアップなどで始めます。

しかし、、、上手くいかない。

当たり前。多摩地区美容師ナメんなよ。こっちは実力勝負でブランドに頼らずやってんだよ。

己の技術で勝負してるんだから、、。

しかも、、、、忙しいし、後輩の面倒とかみてたものだから、、、技術も感性も古い。

10年前と同じ手法でやってるわけ。

マジで多摩地区美容師ナメられてるのが腹立つ。

話がそれましたが、、、、結構知っている人間の中でも素晴しい美容師はいます。

青山の美容室に行くのがダサい。今は郊外のこだわりサロンだね。と青山界隈のお客様を呼び込んでいく。

そんな時代も遠くないかもしれません。

 

 

 

 

 

 

LINEで送る