LINEで送る

こんにちは

東京都東村山市久米川駅徒歩五分、八坂駅徒歩一分の地下でこそこそ営業中の美容院。

こだわり派の口コミで人気の美容室URBANCRAFT(アーバンクラフト)です。

本日はズバーっとスタイルの記事です。

仕上げです。工程順に記事にします。

まずはウェット状態。

ズバーっとベースカットします。

ワンレンに切って表面にグラです。ラウンド状にグラ入れます。前のほうが長いラウンド状のグラです。

普段はウェットで軽くしますが、分かりやすいように乾かした状態。グラが前下がり上になってます。また首回りをハの字状にラウンドグラです。ここがミソ。耳後ろに重みが出なく丸みが出るようにハの字でグラ。毛先まできっちり段を入れますが、アウトラインを崩さないってところも大事。

ネープと耳後ろのみ軽く。表面は一切削がない。ここもミソ。スタイル見てて思うことは、手を入れすぎ。「ここでストップ」って所が難しい。カット頑張り過ぎちゃうとまとまんないし時間もかかる。必要なところを必要なだけ。ハサミを入れることでマイナスになることが多い。必要なければセニングは入れない。

こんな感じ。

で、、仕上げにコテで巻きます。

ボリューム感とすっきり感のバランスが良くなります。艶もでる。どう動かしてもバランスの良い状態に切ればセットも楽。写真とっても綺麗になる。

動かすとこんな感じ。

流しても、クシャッとしても、ブローしても、右でも左でも大丈夫。そして無駄なく切るから早い。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

多毛で広がりやすい髪質。コレ。みんな削いじゃう。削いでも逆に広がる。しっかりとベースで重みをとって。ちなみにセクションではない。繋がってます。でセニング使わず、ざっくりと大まかにスライドカットで「間引く」感じ。毛先に重み残して「間だけ抜く」ってのがミソ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こちらも多毛。広がりビビって短くしないってのが多い。逆に切ったほうがバランスいい。ミディアムくらいですごい削いじゃう感じにする人多い。それだと広がるだけ。ベースでシュッとさせる。横だけ2セクション。襟足刈り上げ。後ろのウェイト上げすぎるとダサいので下げる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ミディアムでもウェイトが大事。軽いと品が出ない。重さと軽さのバランス。削ぎすぎないでベースで作り上げる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最後にデジパ。ビフォア。前回思いっきり梳いた。私がですが。

毛先カットして、トップは伸ばす方向。いきなりデジパ終了画像です。

毛先まで質感が良いです。別に難しいことしてません。剤と温度と熱は大体一緒。

毛先に注目。梳いてる毛もこんな感じでツルッとします。タンニン、CMC、タンパク質のバランス。「CMC寄り」でケラチン、タンニン控えめ。熱前にコメエンドウ、ヒアルロン酸、ラクトンVE。

以上です。

カットは「コツ」。要らないとこ、必要なことを「はっきりと明確にさせる」。カットにとりあえずはないと思います。

ばーっと切って必要なところだけ削ぐ。時間かからないし、綺麗です。

という講習をやろうかと思っていたのですが、酒井氏に却下されたのでそのうちやるかもしれないです。1/11はデジパです。定員いっぱいなので、興味のある方は次の機会にどうぞ。

裏サイトは「KEEP」参加者向けのサイトです。KEEP参加していただいた方に「感謝の念を込めて」一生懸命出来ることやってます。KEEP注文する方はメッセお願いします。

また表サイトはこちら。表のパス発行はメッセでお願いします。

LINEで送る